卓越した三つの景観と知られる … 日本三景

日本三景

日本三景図

松島湾

「松島(まつしま)」は、宮城県の松島湾内外にある大小260余りの諸島の総称。松島湾周囲を囲む松島丘陵も含めて呼ぶこともあります。

京都の天橋立、広島の宮島と並び、日本三景の1つに数えられています。

日本三景は、太古の聖地「天橋立」・瀬戸内の神の島「宮島」・そして多くの島々にかこまれた景勝地「松島」が日本の三大絶景として知られ、海の青と松の緑が妙をなし、その美しさはいつの世も変わることなく人々を魅了します。

松島は、仙台湾の中央に位置し、260余りの島からなる多島海です。
有名な島には、仁王島、千貫島、小藻根島、鐘島、双子島、かえる島、鎧島・・・などがあり、260余りの島の大小全ての島に名前がついています。
松島の地形は、宮城県の中央部にある松島丘陵の東端が海にまで達し、それが沈水して出来たリアス式海岸がさらに進んだ沈降地形で、溺れ谷に海水が入り込み山頂が島として残っています。

島と遊覧船

  • 仁王島
  • 千貫島
  • 小藻根島
  • 鐘島
遊覧船

「日本三景松島」湾内を船旅でゆったりと愉しむ島巡りコースです。
仁王島、鐘島、千貫島、雄島、双子島の奇岩と松島の島々の風景を満喫できます。

■湾内一周定期コース
スタンダードコース。松島発着ですので、お車の方にも便利です。

■随時運行小型遊覧船
島々の岩肌など間近に見ることができます。お急ぎの方にオススメ!

■松島~塩竈湾内周遊定期コース
絵ハガキにもなっている有名な島々を次々に楽しめる人気コース。

■奥松島・嵯峨渓周遊コース
リアス式海岸特有の削り立った岸壁に打ち当たって砕ける豪快な波が見どころ。

詳しくはこちら

翠の松と光る海 … 大地と海のファンタジー「松島」

景勝の地「松島」は、大小260の島々に翠の松が成し、どの展望地から眺めても大地と海のファンタジーを観せてくれます。
また、戦国大名「伊達政宗」にゆかりのある寺院や茶室などの歴史的建造物も多く残されており、景観や歴史遺産・冬季の「松島牡蠣」など、グルメとバラエティ豊かな観光スポットとして日々賑わいを見せています。

松島湾

松島湾

「日本三景」の一つに数えられ、年間300万人以上もの観光客で賑わう日本屈指の観光スポットです。
本湾は、松島丘陵が沈降してできた溺れ谷で形成され、湾内には多数の島々が点在しており、カキの養殖などでも全国的に有名です。
古くは「奥の細道」の松尾芭蕉や、戦国武将の伊達政宗公とも縁のある地域で、四季折々の雄大な自然と歴史の面影を感じ、老若男女が通年を通して楽しめる観地となっています。

瑞巌寺

瑞巌寺

瑞巌寺の正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」ですが、鎌倉幕府時代には「臨済宗円福寺」と改称され発展しましたが、戦国時代に入ってからは衰退の一途をたどる事になりました。
その窮地を救ったのが仙台藩主・伊達政宗で、政宗は自城の造営と共に地場の寺社仏閣の造営にも積極的に取り組み、円福寺の再興にも尽力し130人もの名工が諸国から招かれ、当時の最高の材料と最新の技術を用い約5年かけて造営し完成したお寺は、慶長13年に寺名を「瑞巌寺」と改めました。
現在では、瑞巌寺の境内に現存する本堂と庫裏(台所)は、国宝に指定されています。

詳しくはこちら

円通院

円通院

円通院は、仙台藩主二代・忠宗の次男「光宗の霊廟」です。
光宗は19歳の若さで亡くなり、その死を悼んだ忠宗公により天保4年に「三慧殿(さんけいでん)」が建立されました。
三慧殿は別名・御霊屋とも呼ばれ、霊屋建築としては宮城県下最古とされ国の重要文化財となっています。
院内の境内には、御霊屋の他にも趣の違う「4つの庭園」があり、季節の移ろいと共に静寂に満ちた枯山水の庭を鑑賞することができます。

詳しくはこちら

五大堂

五大堂

五大堂は、松島海岸東端の五代堂島の上にある小堂で、松島湾を臨む小島に建っています。
大同二年(807)に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が松島に来た時、当地の海の美しさに魅せられ、この島に「仏神の多聞天」を祀って建てられた小堂が五大堂の開基と伝えられています。
その後、天長五年(828)に慈覚大師・円仁が延福寺(現瑞巌寺)を開基した際に、五大明王像を安置したことから「五大堂」と呼ばれるようになりました。
現在のお堂は、慶長九年(1604)に仙台藩祖・伊達政宗が再築した桃山建築で、国の重要文化財にも指定され、寺地は松島地方最古の仏跡とされています。

詳しくはこちら

松島観光の交通手段

各交通機関の時刻表や経路などをご参照いただけます。

さらに詳しく! 松島の魅力

松島四大観

松島湾周囲の松島丘陵や島の高台には「松島四大観」(まつしましだいかん)と呼ばれる修景地点が散在しています。
これらは、江戸時代に仙台藩の儒学者・舟山萬年によって選ばれた「塩松環海四山」に由来すると言われています。

  • 壮観壮観
    大高森の眺望
  • 麗観麗観
    富山の眺望
  • 幽観幽観
    扇谷の眺望
  • 偉観偉観
    多聞山の眺望

日本三景(雪月花)松島の月

松島の月松島は月見の名所として著名である。松島の月は、14世紀には中国にも知られるほど著名で、元代の薩都拉がその著書『雁門集』において「雄島煙波松島月」と記している。1643年(寛永20年)には、儒学者・林春斎がその著書『日本国事跡考』において、日本三景という括りが始まったとされるが、この日本三景の原典にも松島の月が出てくる。この原典もあって日本三景に各々「雪月花」をあてる場合松島には「月」があてられる。

生産量日本一「生食用牡蠣」

生食用牡蠣松島で特に名物なのが牡蠣で、生食用牡蠣の生産量は日本一です。現地で食べるのはもちろん、そのおいしさにお土産として購入していったり通販で購入する人も多いです。