松島観光ナビ >  ご当地グルメ >  昭和レトロな本格的中華料理店「きむら食堂」

「きむら食堂」について

松島の高城町にある「きむら食堂」は、昭和50年(1975)創業の老舗食堂。先代の食堂と2代目の中華料理が融合し、松島の本格的な中華料理店として人気のお店です。

店内はテーブル席と小上がり席、2階席があります。11:00~14:00までの営業で日曜日が定休日ですので、ご注意ください。

「きむら食堂」のおすすめのポイント

「黒ゴマタンタン麵」
ゴマの香りとコクがあり、辛さもゴマでまろやかになっています。800円(税込み)

「野菜タンメン」
野菜の旨味と塩味のスープが口いっぱいに広がります。麺との相性もバツグンな一品です。650円(税込み)

「有名人も多く来店」
店内の壁には、地元テレビ局や有名人のサインがところ狭しと飾られています。


あんかけ系の焼きそばも人気で、店のご主人は気が付いたら52種類ものあんかけ焼きそばメニューをつくったとのことです。

「きむら食堂」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称きむら食堂
所在〒981-0215 宮城県宮城郡松島町高城町38

電話番号:
022-354-2865
アクセス<電車>
JR仙石線「高城町駅」より徒歩約8分

<車>
三陸自動車道 松島北I.Cより約8分
駐車場無料/6台
営業時間11:00~14:00

【定休日】
日曜日
トイレ・バリアフリーあり
Wi-Fi対応なし

その他おすすめ Other Recommended