ホーム >  寺社・歴史 >  里山のパワースポット!「葉山神社」
  • 葉山神社鳥居
  • 葉山神社階段
  • 葉山神社社殿

「葉山神社」について

葉山神社は、仏教と山岳信仰が結びついた修験者の行場とされ、以来法印号を市明院と称して明治5年の神仏確立令が出されるまで、石神社の里宮とされてきました。
明治5年以降は、御祭神は病気平癒や医薬の神として崇拝され一寸法師のモデルだとも知られる少彦名神を祀り、御神体は薬師如来坐像で、この座像は十二年に一度亥年に御開扉されます。
伊達家藩主代々が参詣されたという境内には、二代藩主忠宗公手植えと伝えられる「ひいらぎ」の木二株があり、小規模ながらおごそかで静謐な雰囲気のある神社です。

「葉山神社」のおすすめのポイント

<急坂で長~い!100の石段>
陽徳院と瑞巌寺との間の小道を抜け、里山の風景が見えてくると葉山神社の鳥居が見えてきます。
鳥居をすぎると参道が・・えっ!これが参道なのでしょうが?・・参道は踏切も遮断機もない線路が3本も現れます!
・・注意書きがあるだけの線路を左右見ながら一気に渡ります。
線路の先には山を見上げるほどの急な階段が迫り? しかしここで戻るわけにはいきません!
正に修行僧が登るが如きの急な階段を、息を切らしながら登ると頂に葉山権現があります。
★三本の線路を渡る参道と、正に修行僧を体現する100段越えの急坂が見どころとも・・

<瑠璃光如来のご本尊>
葉山神社は「瑠璃光如来」を本尊としており、薬師如来信仰では、その昔遥か東方にある薬師如来の主宰する国は地面が瑠璃(るり)で出来ている浄瑠璃世界があり、瑠璃石はあらゆる幸運と成功を呼び寄せる石とされています。
葉山神社は遠方にも多くの信者があり、松島寺創建にも関係のある神社の一つともいわれています。この神社は「知る人ぞ知る松島のパワースポット」ともいえます!

「葉山神社」へ訪れた方の口コミ

口コミは現在ありません。

「葉山神社」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称葉山神社奥の院
所在〒981-0213宮城県宮城郡松島町松島葉山沢
アクセスアクセス:電車:JR松島海岸駅から徒歩10分
車:三陸自動車道松島海岸ICから車で15分
駐車場無し(近隣の有料駐車場を利用)
料金無し
営業時間無し