ホーム >  寺社・歴史 >  日本三景・松島のシンボル「五大堂」
  • 五大堂
  • 五大堂・透かし橋

「五大堂」について

五大堂は、松島海岸東端の五堂島の上にあるお堂で、松島湾を臨む小島に建っています。

大同二年(807)に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が建立した毘沙門堂が始まりと伝えられています。

その後、天長五年(828)に慈覚大師・円仁が延福寺(現瑞巌寺)を開基した際に、五大明王像を安置したことから「五大堂」と呼ばれるようになりました。

現在のお堂は、慶長九年(1604)に仙台藩祖・伊達政宗が再築した東北地方現存最古の桃山建築で、国の重要文化財に指定されています。

「五大堂」のおすすめのポイント

「透橋(すかしばし)」
五堂島に渡る2本の透橋は、足下を見ると板と板の間から5m下の海面が覗けます。

板と板の隙間は15cmくらいですが、歩く時は緊張します。これは聖地に入る前に、参拝者の心を引き締めるための配慮とされているようです。

仮に足を滑らせても転落することはないと思いますが、気を引き締めて渡りましょう。

「33年ごとの御開帳」
五大堂の内部には、慈覚大師の手彫りと伝えられる一木造りの五大明王像が安置されています。

33年に一度開帳される秘仏で、次回の御開帳は2039年の予定です。毎年8月20日が例祭日で、その時は堂内を拝観できます。

普段、内部にはレプリカの五大明王像を安置していますが、33年に1度の御開帳の時は瑞巌寺に保管されている、重要文化財の五大明王像を安置します。

「広がる松島湾の眺望」
五大堂に着くと、目の前には美しい松島の景観が広がっています。

五大堂の軒まわりの蟇股には、方位に従って子・丑・寅など十二支の精巧な彫刻が配されており、十二支の干支は小堂を一回りするうちに観ることができるので、自分の干支を探してみてはいかがでしょうか。

五大堂は最短で5分で見終わりますが、帰りに土産店でおみくじをひいたり、コミカルに動く猫人形に笑うのも楽しいですよ。

「五大堂」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • 松島湾に浮かぶ島のひとつで、下が見える赤い橋を渡っていきます。島にはお堂が建てられていて、振り返ると松島が一望できる展望台にもなっていました。島は小さいので、あっという間に1周できます。 (出典:じゃらん)
  • 橋の先は海が一望出来て眺めがすてきです。
    海をバックに写真を撮ったり橋の上でも写真を撮ったりしたいですが、こじんまりとしてるので、他の人が写ったり邪魔になったりします。
    (出典:じゃらん)
  • 下が見えるのでなかなか怖かったです!笑
    景色もとても美しいですが、観光客が多かったので、
    ゆっくりその場で記念写真などは難しいです。
    (出典:じゃらん)

「五大堂」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期4月・5月・11月
平均滞在時間1時間未満
男女比約半数

「五大堂」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称五大堂
所在〒981-0213 松島町松島字町内111
アクセスJR仙石線松島海岸駅より徒歩10分
R45号線松島海岸観光桟橋すぐ
駐車場専用駐車場なし(近隣有料駐車場を利用)
料金無料
営業時間8:30~17:00(夕方17時以降閉門します)・無休
ホームページhttp://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=141