ホーム >  観光スポット >  煌めきの美の世界へ!「藤田喬平ガラス美術館」
  • 藤田喬平ガラス美術館 正面
  • 庭園から美術館を望む
  • 藤田喬平ガラス美術館

「藤田喬平ガラス美術館」について

【海とガラスと庭園のミュージアム】
ガラス工芸家として初の『文化勲章』を受章した「世界の藤田」の飾筥やヴェニス花瓶、地元松島ゆかりの作品、同じくガラス工芸家の藤田潤氏の作品などを展示。父子の作品を堪能できます。

時期によって様がわりする企画展示を楽しんだり、キラキラ輝くミュージアムショップでお気に入り探しをしたり、過ごし方はそれぞれ。

一歩外に出ると季節の花々が咲き誇る約7千坪の水上庭園や松島湾を一望できる露台があり、ゆるやかなひとときをお楽しみいただけます。

「藤田喬平ガラス美術館」のおすすめのポイント

<煌めきのガラス工芸品>
ガラス美術館には、2002年に文化勲章を受章した国際的なガラス作家・藤田喬平(ふじたきょうへい)の作品を展示しています。

”フジタのハコ”と呼ばれる世界的に有名な「飾筥(かざりばこ)」や、ヴェネツィアングラス伝統の技法を用いた「フジタのカンナ」と呼ばれる花器類、オブジェ、茶道具など、藤田喬平氏の作家人生の集大成をご鑑賞いただけます。

<フォトジェニックな水上庭園>
敷地内には7,000坪の水上庭園があり、目の前には松島湾が広がっています。園内にはガラスのチャペルがあり、藤田喬平監修の美しいステンドグラスは人気のフォトスポットです。館内も含め、どこでも写真撮影は自由。

<ミュージアムショップ>
館内にはガラスアクセサリーやガラス作家作品、おうちで過ごすを多数取り揃えたミュージアムショップが併設されています。

※松島一の坊ご宿泊のお客様はチェックイン後、オールインクルーシブでご利用いただけます。

「藤田喬平ガラス美術館」の関連記事へ

「藤田喬平ガラス美術館」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • なかなか、美術館に行く機会がありませんでしたが、偶然にも近くの場所に用事があり、立ち寄ることができました^ ^
    詳しい説明をビデオで見て、実際に作品を観た時の感動は、計り知れないものでした^ ^
    海と作品とのコラボもあり、感動しながら見てきました!
    (出典:じゃらん)
  • 家族連れや友達同士にオススメのスポットです。とてもステキな雰囲気のガラス美術館です。色々な素晴らしいガラスの作品を眺めることが出来ます。とても幻想的で癒されます。お土産の購入も出来ます。 (出典:じゃらん)
  • 重厚で日本的な美しいガラス作品は
    外国人の友人も感激していました。
    そして日本庭園もとても素晴らしい。
    自由に散策できます。
    田中角栄邸なども設計した造園家作の様です。
    (出典:じゃらん)

「藤田喬平ガラス美術館」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期4月・11月
平均滞在時間1~2時間
男女比女性が多い

「藤田喬平ガラス美術館」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称藤田喬平ガラス美術館
所在〒981-0215 宮城県宮城郡松島町高城浜1-4
アクセス<車>
三陸自動車道 松島海岸I.Cより車で約10分

<電車>
・JR仙石線「高城町駅」より徒歩約10分
・JR東北本線「松島駅」より徒歩約10分
駐車場200台/無料
松島一の坊と共用
料金一般・大学生:1,200円
小・中・高生:700円
※就学前の子どもは無料。
※割引チケットあり。詳細は藤田喬平ガラス美術館公式HPをご確認ください。
営業時間9:30~13:30(最終入館13:00)
ホームページhttps://www.ichinobo.com/museum/