• 扇谷達磨洞
  • 扇谷展望台
  • 金翅塔
  • 扇谷の眺望

「扇谷」について

山頂からみえる入り江が、扇のように浮かんでみることから「扇谷」と名付けられたビュースポット。

※松島四大観の一つで、幽観(れいかん)とも呼ばれています。

最寄りの仙石線「松島海岸駅」から登山口まで、車で約5分。登山口から山頂まで約10分と、四大観の中で最もアクセスしやすい場所です。

山頂には東屋のベンチや、瑞巌寺の住職であった鵬雲東搏禅師(ほううんとうばく)の墓所、鵬雲が造営したとされる「達磨堂(金翅堂)」があり、中央に聖徳太子、左に比衣(ひえ)の達磨像、右に鵬雲像を安置されています。

秋になるとカエデ類が深い紅色へと色づき、知る人ぞ知る松島の隠れた紅葉名所となります。

※松島四大観……とくに美しいとされる、松島の景観4ヵ所の総称。

「扇谷」のおすすめのポイント

<禅の息吹きを感じる達磨堂>
達磨堂(金翅堂)は元禄8年(1695)、瑞巌寺の住職であった第101世・鵬雲東搏禅師(ほううんとうばく)が造営したお堂です。

当初は中央に聖徳太子、左に比衣(ひえ)の達磨像、右に鵬雲像を安置されていましたが、現在は石碑が佇んでいます。

その下の方には、鵬雲の墓所である岩窟があります。

<三尊像が祀られた金翅塔>
鵬雲東搏禅師の墓所(金翅塔)は、達磨堂のすぐ下側にあります。

岩を削って作られた金翅塔には鵬雲(中央)だけでなく、同じ瑞巌寺の就職である第114世・丹源文叔(右)、116世・牧舟禅慧(左)の墓所となっています。

すぐ近くはベンチが備えられた東屋があり、そのすぐ近くが扇谷のビュースポットとなっています。

<松島四大観の中で最もアクセスしやすい>
最寄りの仙石線「松島海岸駅」から登口まで、車で約5分。国道45号線を仙台方面へ向かい、松島パノラマラインへ。

双観山側の入り口近くにある未舗装の坂を登ったところに、数台分停めれる駐車場があります。

駐車場から石段を登っていき、10分ほどで展望台に到着です。

「扇谷」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • とても景色が素晴らしい場所でした。
    紅葉は深紅に染まり、見応えがありました。
    オススメの紅葉スポットです。
    (出典:じゃらん)
  • 名前の通り、扇形をした松浦湾が眺められます。行くまでの道が狭く少し大変ですが、山頂から眺める松島は非常に絶景でした。 (出典:じゃらん)
  • こちらはちょっとした道を歩いていくと、素敵な松島の景観がみえます。その名のとおり扇の形に見えることからついた名前だそうです。四季折々の絵が見えると思うので、紅葉の時期にいきたいなーと思いました。新緑の時期はそれはそれでとても綺麗でした。松島の海の青さを一層引き立てるものでしたよ。 (出典:じゃらん)

「扇谷」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期6月・11月
平均滞在時間1時間未満
男女比やや女性多し

「扇谷」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称扇谷
所在〒981-0213宮城県宮城郡松島町松島字桜岡入
アクセス電車:JR仙石線松島海岸駅からバスで双観山入り口下車徒歩約30分
車:三陸自動車道松島海岸ICから車で20分
駐車場無料・普通車5台程
料金無料
営業時間無し
ホームページhttp://www.town.matsushima.miyagi.jp/