ホーム >  観光スポット >  松島や さて松島や 松島や~「松島湾」
  • 松島湾
  • 四第間から松島湾を望む
  • 松島と月

「松島湾」について

塩釜・松島・奥松島に囲まれた仙台湾の支湾のことを指します。松島湾の地形は松島丘陵の東端が海にまで達し、沈水したことで山頂が島として残っています。大まかにはリアス式海岸といえますがそれよりもさらに沈降が進んでいるため、他では見れない景観となっています。島の多くは砂岩などの侵食にもろい性質の岩で構成されているため、島上部は松などが植生し、海面に近い部分は灰白色の岩肌を見せています。
島の数には諸説ありますが、国土地理院地図を参考にすると、名称のあるものが144、無名の島が98あると言われています。

「松島湾」のおすすめのポイント

「松島四大観(まつしましだいかん)」
江戸時代に仙台藩の儒学者・船山萬年によって選ばれました。
壮観:宮戸島の大高森からの景色です。標高105mもあり、四方を遮られることなく壮大な景色が広がります。
麗観:富春山大仰寺からの景色です。古来より「松島の景ことごとく富山にあり」と賞されるほどの景観です。また手樽湾が干拓されたため、今と昔では麗観は異なるものになっています。
幽観:扇谷からの景色です。扇谷山や双観山から見える景色は静かなたたずまいから幽観と称されています。
偉観:七ヶ浜の多聞山からの景色です。塩釜湾を挟み松島の島々を眺めることができます。東、西、北の修景地があるのに南を欠くのは惜しいと考えた舟山萬年が付け加えた場所です。

「雪月花」
日本三景の中で「雪月花」をあてると、松島には「月」があてられます。
伊達政宗をはじめとして、松尾芭蕉やアインシュタインも松島湾を眺めながら月見をして、その絶景に言葉を失ったといわれるほど、月がきれいに見えます。
「雪」は年に数回積る程度なのであまり見れませんが貴重な松島の雪景色は写真家に人気です。
「花」については展望台でもある「西行戻しの松公園」が桜の名所として知られていて、一帯には260本余りの桜が植えられています。

「松島湾に架かる朱色の橋」
松島には岸と島を繋ぐ朱色の橋が3本あります。
一番有名な橋は福浦島を結んでいる福浦橋(出会い橋)です。252mもある橋で海を渡り島に行くことができます。
他にも五大堂の透橋(縁結び橋)や雄島の渡月橋(縁切り橋)があります。
蒼い海と空、緑が生い茂る島に架かる朱色の橋は松島の景色をより引き立てています。

「松島湾」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • 松島を観光してきました。小さな島々を青い空や海と一緒に見ることができてとてもきれいでした。陸の方から望む松島湾と船からの松島湾とでは違った奥松島の様子を楽しむことができますので、遊覧船もぜひ活用して観光してみてください。 (出典:じゃらん)
  • 朝日を見にここを訪れました。
    橋の中腹辺りからみた朝日が海に映るのですごく神秘的できれいでした。

    近くにカキ小屋やお食事処もありました。ホテルも近くにあったので、朝日がきれいにみえるばしょなんだろうなっとおもいました。
    (出典:じゃらん)
  • 松島湾内の島をめぐることができる遊覧船に乗船して、松島湾クルーズを楽しみました。ただ。船内アナウンスによる説明が、右に左にと説明があるので大変でしたが、多種多様な絶景を眺めることができました。松島湾の美しい景色を眺めたいのであればぜひ遊覧船周遊をお勧めします。 (出典:じゃらん)

「松島湾」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期7、8月
平均滞在時間1~2時間
男女比やや女性が多い

「松島湾」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称松島湾
所在〒981-0213 宮城県宮城郡松島町
アクセス電車:JR仙石線 松島海岸駅から徒歩で約5分
車:三陸自動車道 松島海岸ICから約10分
駐車場専用駐車場はありません。
近隣の駐車場をご利用ください。