• 旧亀井邸 外観
  • 旧亀井邸 窓
  • 旧亀井邸 廊下

「海商の館 旧亀井邸」について

海商の館 旧亀井邸(かいしょうのやかた きゅうかめいてい)は、亀井商店(現代の※カメイ株式会社)の初代社長である亀井文平(かめい ぶんぺい)が、大正13年(1924)に建てた家です。

伝統的な和風建築に西洋建築を取り入れた「和洋併置式」と呼ばれている建物で、庶民の中でも上層階級の邸に用いられました。

見学は無料。鹽竈神社・志波彦神社の、東参道(裏坂)の道中にあります。

※カメイ株式会社……明治36年(1903年)創業。石油などのエネルギーや、食、住生活など詳しに欠かせない商品・サービスを提供する東北最大級の総合商社。

「海商の館 旧亀井邸」のおすすめのポイント

<一歩踏み入れると、大正ロマン>
大正13年(1924)に建てられた住宅は、洋館と和風住宅が組み合わせた大正時代を象徴する建物。

明治時代に上流階級(皇族や華族)の大邸宅に用いられた「和洋二館住宅」を、庶民の上層下級でも手に入るようにした建築様式です。現代の技術でも、再現するのは難しいといわれています。

ボランティアガイドが常駐。個人旅行客を対象に館内の案内をしてくれます。


「海商の館 旧亀井邸」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • 玄関の床や天井は非常に珍しいそうです。 2階へ続く階段はきしんで弱くなっているのでご注意ください。 大正ロマン漂い風情がありました。ガラス窓もレトロです。 こうもりをモチーフにした取手にも注目です。 (出典:じゃらん)
  • 総合商社カメイの初代社長亀井文平氏が大正時代に建てた「和洋併置式住宅」という珍しい建物です。無料で拝観できますので、塩竈神社に参拝する際は一見の価値有りです。 (出典:じゃらん)

「海商の館 旧亀井邸」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期2月、7月が多い
平均滞在時間1時間未満
男女比同じくらい

「海商の館 旧亀井邸」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称亀井邸
所在〒985-005 宮城県塩竈市宮町5-5
アクセスJR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約8分
※塩竈神社東参道(裏坂)の道中にある
駐車場なし
料金無料
営業時間10:00~15:30

※イベント時には臨時休館となりますので、事前にお問い合わせください。
ホームページhttp://kameitei.da-te.jp/