松島観光ナビ >  スポット >  海商の館 旧亀井邸
  • 旧亀井邸 外観
  • 旧亀井邸 窓
  • 旧亀井邸 廊下

「海商の館 旧亀井邸(かいしょうのやかた きゅうかめいてい)」について

「海商の館 旧亀井邸」は、東北を代表する商社であるカメイ株式会社の初代社長・亀井文平(かめい ぶんぺい)氏が、大正13年(1924)に建てた邸宅です。

伝統的な和風建築に西洋建築を取り入れた「和洋併置式」の邸宅で、この建築方式は庶民の中でも上層階級の邸に用いられました。現代の技術では再現が難しいとされ、歴史的価値の高い建築物でもあります。

見学は無料。ボランティアガイドの方が常駐しています。

※カメイ株式会社……明治36年(1903年)創業。石油などのエネルギーや、食、住生活など詳しに欠かせない商品・サービスを提供する東北最大級の総合商社。

「海商の館 旧亀井邸」のおすすめのポイント

「鹽竈神社の参道沿いに建つ」
旧亀井邸は、鹽竈神社・志波彦神社の東参道(鳥居がある方)の途中にあります。鳥居をくぐり階段を上がると、左手の方に参道から伸びる細い脇道が現れ、その先に旧亀井邸が佇んでいます。

「一歩足を踏み入れると、そこは大正ロマン」
日本の伝統的な和を残しつつも、当時の流行や西洋建築を取り入れた邸宅は、大正ロマンを雰囲気を漂わせながらも古臭さを感じさせない、再現不可能な建築空間。

アール・ヌーヴォー風のデザインや、日本石油(現在のJXエネルギー株式会社)の社章である”こうもり印”をかたどった鋳物の取手など、旧亀井邸ならではのデザインがあしらわれた装飾も必見です。

※アール・ヌーヴォー……花や昆虫など自然をモチーフとし、自由な曲線と組み合わせた装飾的なデザイン。鉄やガラスといった素材を組み合わせている。

「海商の館 旧亀井邸」へ訪れた方の口コミ

訪れた多くの方々のクチコミから、一部をご紹介します。

  • 玄関の床や天井は非常に珍しいそうです。 2階へ続く階段はきしんで弱くなっているのでご注意ください。 大正ロマン漂い風情がありました。ガラス窓もレトロです。 こうもりをモチーフにした取手にも注目です。 (出典:じゃらん)
  • 総合商社カメイの初代社長亀井文平氏が大正時代に建てた「和洋併置式住宅」という珍しい建物です。無料で拝観できますので、塩竈神社に参拝する際は一見の価値有りです。 (出典:じゃらん)

「海商の館 旧亀井邸」の滞在傾向

※弊社調べによる参考値となります。

訪問時期2月、7月が多い
平均滞在時間1時間未満
男女比同じくらい

「海商の館 旧亀井邸」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称海商の館 旧亀井邸
所在〒985-005 宮城県塩竈市宮町5-5
ホームページhttp://kameitei.da-te.jp/
アクセス<電車>
JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約8分
※塩竈神社東参道(裏坂)の道中にある
駐車場なし
料金無料
営業時間10:00~15:30(最終入館時間15:15)

【休館】
火・水・木曜

※イベント時には臨時休館となりますので、事前にHPをご確認ください。

その他おすすめ Other Recommended