ホーム >  観光スポット >  野々島(浦戸諸島)
  • 野々島 椿のトンネル
  • 野々島
  • 夜泣き地蔵
  • 野々島 道

「野々島」について

浦戸諸島のほぼ中央に位置しする野々島(ののしま)。マリンゲート塩釜から市営汽船で、およそ27分で着く離島です。隣にある桂島と寒風沢島へは、無料の渡船で渡ることができます。

野々島といえば、春に見ごろを迎える「椿のトンネル」。ほかにもボラと呼ばれる謎の洞窟群や、キリシタン仏がある熊野神社、夜泣き地蔵など、ミステリアスな景観も魅力です。

ラベンダーやハーブの畑など、地元の方々がボランティアでつくった花畑もみられ、春から夏は色鮮やかな島景色を楽しめます。

「野々島」のおすすめのポイント

「熊野神社」
隠れキリシタン伝承が残る熊野神社。大巳貴命(おおなむち)が祀られています。
御神像の奥には厨子入りのキリシタン仏があり、隠れキリシタンが拝んでいたものだと伝えられています。

「椿のトンネル」
熊野神社から東の山道を歩いたところにある、椿のトンネル。自生するヤブツバキが作りだした自然のトンネルで、例年4月下旬~5月中旬が見ごろを迎えます。

花がなくとも、緑のトンネルは見ごたえあり! 歩道からは海も望めます。


「字内浜」
宇内浜(うねはま)は、干潮時に島と陸続きになる浜です。
海岸にはベンチやブランコが設置され、島歩きの休憩にぴったり。
正面には美しい浜辺と海、緑の島景色が広がっています。

「野々島」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称野々島(浦戸諸島)
所在宮城県塩釜市浦戸
アクセス・JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約10分、「マリンゲート塩釜」から市営汽船に乗り約31分「野々島」下船。
・桂島の石浜桟橋から、無料渡船に乗り約5分
・寒風沢島の桟橋から、無料渡船に乗り約3分
駐車場マリンゲート塩釜の駐車場をご利用ください。
料金片道580円
営業時間市営汽船の時刻表をご確認ください。
ホームページhttps://www.city.shiogama.miyagi.jp/site/urato/