ホーム >  観光スポット >  寒風沢島(浦戸諸島)
  • 寒風沢島 田園地帯
  • 寒風沢島 六地蔵
  • 寒風沢島 海
  • 寒風沢島 化粧地蔵

「寒風沢島」について

寒風沢島(さぶさわじま)は、浦戸諸島で一番大きな島です。マリンゲート塩釜から、市営汽船で約38分。
日本人で初めて世界一周を果たした、仙台藩石巻の船若宮丸乗組員・津太夫(つだゆう)の出身地でもあります。

島内には仙台藩の砲台が置かれた跡地、幕末の西洋式軍艦「開成丸(かいせいまる)」の記念碑、花魁の願いが込められた縛り地蔵など、江戸時代の史跡が点在しています。
また島の奥にある昔懐かしい田園風景や、広大な太平洋を見渡せるビュースポットも見ておきたいところです。

「寒風沢島」のおすすめのポイント

「化粧地蔵」
古くから紅と白粉を塗って祈願すると、美しい子を授かると伝えられているお地蔵さま。

作者、年代ともに不明。松林寺の入口付近にあります。

「田園地帯」
寒風沢島の絶景スポット。水田、ヨシやガマの原が広がり、牡蠣の殻を敷いた一本の白い道が、沿岸まで伸びています。

河川のない寒風沢島では、天水のみで米作りを行っており、秋は刈り取った稲を天日干しする懐かしい稲作風景が見られます。

この田園で作られた米は地酒「寒風沢」に使われ、株式会社佐浦(塩竈市)が販売。

「寒風沢島の六地蔵」
集落のはずれの小道にある六体のお地蔵さま。
仏教の六道信仰からきたもので、迷い苦しむ亡者を救済し、浄土へ送り届けてくれると伝えられている。

※六道信仰…生前の行いにより、6つの世界(天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄)のどの世界に生まれ変わるのかが決まる。

「寒風沢島」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称寒風沢島(浦戸諸島)
所在宮城県塩竈市浦戸
アクセスJR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約10分、「マリンゲート塩釜」から市営汽船に乗り約46分「寒風沢」下船
・野々島学校下の桟橋から、無料渡船に乗り約2分
・朴島の桟橋から、無料渡船に乗り約6分
駐車場マリンゲート塩釜の駐車場をご利用ください。
料金片道630円
営業時間市営汽船の時刻表をご確認ください。
ホームページhttps://www.city.shiogama.miyagi.jp/site/urato/