ホーム >  観光スポット >  朴島(浦戸諸島)
  • 朴島 菜の花
  • 朴島 菜の花 秋
  • 朴島 桟橋
  • 朴島 神明社

「朴島」について

浦戸諸島にある4つの有人島のなかで、一番小さな島「朴島(ほおじま)」。マリンゲート塩釜から市営汽船に乗り約54分、終点の島です。

江戸時代には、仙台藩の軍用金や宝が隠されていた、という伝説があったことから「宝島(ほおじま)」と呼ばれていたとか。

有名なのは、丘の上にある菜の花畑。例年4月中旬~5月上旬が見ごろです。花畑の奥にはタブ林があり、緑と黄色の花、そして青い海の美しいコントラストがみられます。

ほかにも神明社や「弘安の碑」という古い石碑があり、鎌倉時代の弘安10年(1287)建てられたと考えられています。

「朴島」のおすすめのポイント

「菜の花畑」
朴島漁港から徒歩5分ほど、丘の上に広がる菜の花畑です。
4月中旬~5月上旬が見ごろで、あたり一面が黄色い花畑になります。

※注意※
この菜の花畑は、地元の方が他の植物との交配を避けるため、丹念に雑草を抜くなど、大変な手間をかけて大切に育てているものです。
他所の観光菜の花園とは違います。ルートから畑に入ったり、花を摘んだりしないでください。(花を取らずに写真に撮ってください。)

「朴島」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称朴島(浦戸諸島)
所在宮城県塩竈市浦戸
アクセス・JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約10分、「マリンゲート塩釜」から市営汽船に乗り約45 分「朴島」下船。
・寒風沢島の桟橋から、無料渡船に乗り約3分
駐車場マリンゲート塩釜の駐車場をご利用ください。
料金片道630円
営業時間市営汽船の時刻表をご確認ください。
ホームページhttps://www.city.shiogama.miyagi.jp/site/urato/