ホーム >  観光スポット >  奥松島の奥「乙女ヶ浜」
  • 乙女ヶ浜
  • 乙女ヶ浜

「乙女ヶ浜」について

宮戸島(みやとしま)の南東部を歩く、嵯峨渓遊歩道の終点地「乙女ヶ浜」。
人間の手が入っていない自然のビーチです。正面には灯台がそびえる「波島」、断崖絶壁の絶景スポット「萱野崎」を望めます。

道中には、鎖国時代に外国船を監視していた、仙台藩の番所跡「大浜唐船番所跡」や、大浜側には天然記念物「むろの木(樹齢700年)」があります。

「乙女ヶ浜」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称乙女ヶ浜
所在〒981-0412 宮城県東松島市宮戸
「大浜」もしくは「室浜」から乙女ヶ浜に続く遊歩道あり
アクセス<大浜漁港・室浜海岸(稲荷大明神付近)まで>
JR仙石線「野蒜駅」から車で約15分

駐車場なし